息をするように

文部科学省の指針から、入学までに身に着けて頂きたい事まで

お話を差し上げましたがいかがでしょうか?              
今回、私がお話を差し上げた事は、皆さんを不安にさせたくて、お話をした訳ではありません。                               
わが子の様子を見た時に不安になる事、気になる事が出てくると思います。                               
そんな時                               
わざわざ何かをしようとすると「何だか大変だな・・・」って気が重くなるものです。     
お仕事に、家事に、子育てにお忙しくしていらっしゃる皆さんの「何だか大変だな・・」は                               
子どもの成長を喜べなくなり、気持ちをふさぎ込ませていきます。                               
ですから、ぜひ、皆さんには                               
身構えすぎず、息をするように生活の中で行える事を繰り返してみてください。                               
毎日、少しづつ、よい習慣をお子さんと一緒に経験してください。                               
きっと、4月の暖かい頃にはお子さんと嬉しい入学式をお迎えになっている事と思います。    
長いブログとなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。                               
これにて、「もう1年生・まだ1年生(忙しくても大丈夫今から準備する3つの事)」を終了いたします。

 

皆様と大切なお子さんが嬉しい笑顔で4月をお迎えになっている事を祈っています。

0 コメント

3つの自立

47年ぶりに文部科学省が行う教育改革は「3つの自立」が基本コンセプトです。

ただ、本当に分かりづらいんです。

分かりづらいのですが、ぜひこの部分を読んで頂きたい!

トリセツでも一番肝心な補償内容とか期間とかは小さな字で書いてある事が

多いじゃないですか!

ココもそうです。

大切なことが分かりづら~く書いてあるので、まとめてみました。

 

文部科学省として2020年教育改革の骨子は「3つの自立」です。                             
「学びの自立」

「生活の自立」

「精神的な自立」

この3本の柱を幼児に基礎として作り                               
小学校からは「学びの基礎力」をつけてもらおうとしているのが2020年の教育改革です。  

                             
学びの基礎力とは                               
「基礎的な知識・技能」                               
「課題解決のために必要な思考力、判断力、表現力等」                               
「主体的に学習に取り組む態度」

と述べられています。                               
これらは「学力の3要素」と呼ばれるものです。      

                         
じゃ~現実、子ども達にどんなアプローチするの?となった時                               
重要視されている事は「思考力・判断力・表現力」この力を育てましょう。                               
となっています。                               
この「思考力・判断力・表現力」を育てる為に、文部居科学省が作成した物が                               
「新学習指導要領」
受動的な授業から能動的な授業(アクティブラーニング)として                               
先生が前で授業を進め、ノートをとる授業から                               
自分たちで問題を探し、話し合い、解決する授業になったり                               
英語が授業として成績評価の対象になったり                               
英語の授業が英語で行われる事(中学校にて)や                               
プログラミング的思考が授業内容に加わったりすることです。                               
                               
皆さんのお子さんが受ける小学校のカリキュラムは                               
私たち保護者が受けてきた、今までのカリキュラムとはかなり変わっています。

「未来の職業」でお話を差し上げたように、機械に替わられる職業がどんどん増えている中

日本の教育は大きな岐路に立っています。

私たちの可愛い子ども達が

将来自分で食べていけるように

私たち保護者が居なくなっても、自分たちで幸せになれるよう

文部科学省の「3つの自立」を感じながら、学校教育に興味を持って頂けると幸いです。

0 コメント

ちょっとブレイク・・・

日々、新一年生へ向けてのお話を書かせて頂いていますので、今日はちょっと違うお話を・・・

 

スマホ1時間以上の利用で学習に影響 宮城県公立高調査

正答率の低下顕著に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000001-khks-pol

昨日の夕方のニュース記事です。

かなりセンセーショナルですね。

内容に少し触れてみましょう。

 

高校2年生だけに実施した学力調査の結果を踏まえ

平日のスマホ使用時間と各教科の平均正答率の関係を調べた。と書かれています。

「30分以上1時間未満」と答えた生徒の正答率は

国語63.1%

数学55.3%

英語57.6%

「5時間以上」の生徒の正答率は

国語47.3%

数学24.1%

英語35.9%

1時間以上になると使用時間が長くなるにつれ、各教科で正答率が低下した。

と記されています。

 

「だから、スマホが悪いんだよ。持たせちゃダメだよ。」

と、早急に思われるのは少し待っていただきたいのです。

 

このアンケートは

同じ条件の中の子ども達で調べていません。

各学校、個人の設定条件が違うので結果が違ってくるのは当然だと思います。

スマホを長時間利用するから正答率が低いのか?

正答率が低い人がスマホを長時間使っているのか?こんな考え方もあります。

私自身、少し情報を調べてみたかったので、宮城県教育委員会のホームページを拝見しましたが

データがどこに載っているのか?分かりませんでした。

(探し出せなかっただけかもしれません。記載されていたらごめんなさい。)

 

子育てに悩みは付き物で、今はwebの世界にたくさんの情報が溢れています。

スマホを開いて、育児情報を検索する事が多いと思います。

しかし、データーの見方を間違えると

子ども達を怒らなくてもいいのに怒ってしまったり

しなくてもいい心配をグルグルしなくてはいけなかったり

精神衛生上、ツライですよね。

情報を確認する時は

目を引く表題だけではなく、データーの取り方やソース元の確認など

webの中に溢れる情報を使いこなしてください。

 

これからの時代、webの世界と共に生きていかなくてはなりません。

この便利な世界を否定して生きていくのは不便ですし

使い方を間違ってしまうのは危険です。

 

どうか、皆さんの毎日が幸せになるよう、ツールを使いこなして頂きたいと願う初冬の夕方です。

0 コメント

未来の職業

49%この数字は何を示しているのでしょう?                          
この数字はあと10~20年で職業が機械に置き換えられる可能性があると言われている                              
パーセンテージです。                               
最近ではハウステンボスの「へんなホテル」に代表されるようにロボットがお客様対応している

職種も出てきていますよね。                               
私は、ホテルのフロントといえば、コンシェルジュの役割も担っているので人間にしか出来ないと思っていたら        情報蓄積を得意とするAIにうってつけの仕事だそうです。                               
                               
65%この数字は何でしょう?                               
2011年にアメリカの小学校に入学した子ども達、今、中学1年生ですね。                               
その中学1年生の65%は                               
今、存在していない職業に就くだろうと予測されている、パーセンテージです。                               
しかし、存在していない職業と言われても、ピンとこないですよね。                               
何か想像できますか?                               
最近、有名なのは「YouTuber」ではないでしょうか?                               
幼稚園生に将来の夢を聞くと「夢はYouTUberです。」なんて言いますよね。                               
他には、ゲーム実況者・ドローン操縦士・VR作家・AR作家などが挙げられています。                               
ちなみに、VRとは                               
バーチャルリアリティ(仮想現実)=現実世界とは切り離された仮想世界に入り込む事。                              
ARとは                               
現実にデジタル情報を付与して、CG等で作った仮想現実を現実世界に反映する (拡張現実)

ポケモンGOの世界がその形状だそうです。                               
私たちが経験したことの無い職業が、どんどん生まれている事が実感できたでしょうか?

                  
この数字は、これから未来の中で                               
私たち大人が全く経験したことのない世の中になると言う事を示した数字の一例です。                               
                     
49%約半分の職業が機械に置き換えられると言われている中ですから                               
お医者さんもロボットになってしまうかもしれません。                               
少し前の話ですが、アメリカで「ガン」らしき病状がある女性が病院で受診しました。                               
しかし、状況から言って「ガン」である事は分かるのですが                               
病巣が見つからず、色々な検査を行ってもお医者さんはガンの病名を見つけ出すことが出来ず                               
治療方法に悩んでいたらしいのです。

そこで、その頃AIの技術が進んでいなかったので                               
Super Computerに検査結果や情報を入れて、検索した結果                               
女性の症例と同じ病気が結果として出てきて、的確な治療を行うことができた。と言う実例もあります。                


今までの日本は、知能を蓄積し、先進国として世界と戦ってきました。                               
しかし、知識を蓄積し、知能指数が高いだけでは、通じなくなる世界がやってきます。                               
今までの日本の教育では

子ども達が自分の仕事を持ち 、自分たちで食べていく事が本当に難しくなる日がやってくるだろうと

言われているのです。                               
この危機感から、文部科学省は47年ぶりに大きな改革を行う必要がでてきた訳です。                               

では、この大きな改革とは何を基準にしているのでしょうか?

続きは次回・・・                              

0 コメント

なぜこの3つを準備するのでしょう?

3つの準備

・自分の事は自分でできる

・人の話を聞く

・学習の準備をしておく

 

入学までに身につけて頂きたい事です。

しかし、なぜ、今、この3つをオススメしているのか?

ここからは、少し話がめんどくさいです。

しかし、このお話を避けて通る訳にはいきません。

日本のすべての小学生がこのお話に基づいたカリキュラムを受けます。

少し分かりづらいですし、面倒ですがお読み下さい。                            
                               
皆さんのお子さんが通うとしている「小学校」は全てのカリキュラムが

「文部科学省」の指示の元、作られています。                            
突然、文部科学省の話をされても、何だか遠い存在ですよね。                               
大分市の教育委員会でもちょっと遠いというか敷居が高く感じる事があるのに                               
文部科学省と言われてもね~・・・・                               
しかし、小学校のカリキュラムを作っている文部科学省が

どのような目的で                               
どの様なカリキュラムを

我が子に行おうとしているのか?                               
それが分かると小学校でナゼこのカリキュラムが行われるのか?

何となく分かってきます。

 

来年の4月に入学なさるお子さんは今からお伝えする年度に                               
文部科学省が決定したカリキュラムを学校で受け、過ごすことになります。 

                            
2019年度 小学校入学                               
グループ活動や話し合いによる授業が増加                               
グループ活動や話し合いを通して解決法を考える授業など、より主体的な参加を求める                               
授業が増えます。                               
「主体的・対話的で深い学び」(≒アクティブ・ラーニング)                               
先生が前に立ち教えるだけの授業から

自分たちで問題を探し出し、その問題を解決する為に、何をどうすればいいのか?

グループで話し合ったり、自分で調べてみる。と言う形態の授業が増えてきます。                               
今から準備する「人の話を聞く」は入学して早々から授業の中で取り入れられている

大切なスキルとなっています。                               
                               
2020年度 小学校2年生

プログラミング教育必修化                               
プログラミングは必修化となりますが、ココは英語と違って、教科書もありませんし                               
成績評価もありません。                               
算数の授業でプログラミングの考え方の一つ「パターン(同じことのセット)」や                               
「ループ(繰り返し)」などを使って単元の理解を深めるという                               
プログラミング的思考を行うと文部科学省では考えているようです。                               
                               
2021年度 小学3年生                               
「外国語活動」がスタート、英語の授業ではない、基礎が始まります。                               
英語を使ったコミュニケーションを重視した「外国語活動」が始まります。                               
週1時間。「聞く・話す」が中心。成績評価はありません。

 

2023年度 小学5年生

5年生から正式な「教科」として英語がスタート。成績がつくようになります。

 

そして、少し先の話になりましすが、中学校からは「英語の授業を英語で行う」

日本語の無い授業が始まります。

 

今まで「文部科学省って言われても・・・」と思われていた気持ちが

少し「何があるの?」ぐらいに思われた方がいらっしゃると思います。

2年生からはプログラミング教育必修化。

3年生からは英語の基礎期。

5年生からは英語が教科となって、国語や算数と同列の扱いになります。

学校によっては、1・2年生でもELTの先生をお招きして

簡単な英語を使って、遊ぶ授業を行う学校もあります。

 

では、もう少し掘り下げましょう。

なぜ、今までの授業ではダメなんでしょうか?

今のままでは、何がいけないのでしょうか?

次回、書かせて頂きます。

0 コメント