赤ちゃん「努力報われる」認識か?

 

[赤ちゃん「努力報われる」認識か?]

との見出しで米マサチューセッツ工科大学の研究チームがまとめた研究成果が読売新聞の記事になっていました。

以下に記事を抜粋して、載せています。ご覧下さい。

 

ーーーーーーーここからーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大人が努力する姿を見た赤ちゃんは我慢強く物事に取り組むとする研究成果を

米マサチューセッツ工科大(MIT)の研究チームがまとめた。

赤ちゃんが「努力は報われる」と感じた可能性があるという。論文は22日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 

実験の対象は生後13か月~18か月の赤ちゃん68人。

チームは、半数に大人が箱などからおもちゃを努力して取り出す様子を見せ

残りには大人がたやすくおもちゃを取り出す様子を見せた。

その後、赤ちゃんに大きなボタン付きのおもちゃを渡すと

大人が努力する姿を見たグループは、簡単に取り出す様子を見たグループより、ボタンを押す回数が約2倍多かった。

 

ーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

赤ちゃんとの生活は相手(赤ちゃん)が色々な事を認識しているか?確認の方法がないので

こんな事をしてて、赤ちゃんのためになるのかな?

言葉かけを増やしてるけど、分かってるのかな?

と、悩むことが多くありますよね。

しかし、マサチューセッツ工科大学の研究チームが導き出した成果は

大人の様子を見て、考えて、自分の行動を起こしていると記しています。

これから研究発表を拝見しないと詳しい事は分かりませんが

やはり、赤ちゃんは周りの大人の様子をちゃんと見て、感じているようです。

私達大人が見本となる事。

今までも、これからも子育ての大切な基礎で有る事は間違い無いようです。

 

0 コメント

塩加減

タイトル通りの「塩加減」です。

塩分摂取についてですよ~。

 

少し前ですが、認可外保育施設においてお預かりしたお子さんに液体を飲ませ

塩化ナトリウム中毒で死亡させたと言う事件がありました。(お子さんのご冥福をお祈りいたします。)

家庭での「塩加減」は大人も子どもも体調を整える為にとても大切な事ですが

ついつい塩分過多になりがちですね。

特に汗をよくかく季節は「熱中症対策には水分と共に塩分も摂取してください。」と盛んに言われ

熱中症になっては大変!とばかりに闇雲に塩分まで摂取してしまいがちです。

忠実に守って下さい!!ではなく

一つの「塩加減」指標として、厚生労働省の「ナトリウムの食事摂取基準」をご紹介いたします。

 

厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015年版)

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

(41ページ中29ページに記載されています)

 

* 目安量

男子・女子共に

0~5ヶ月 (0.3g/日)[爪楊枝の先ほどの量ですね]

6~11ヶ月  (1.5g/日)[小さじ約5分の1ぐらいですね]

目安量:一定の栄養状態を維持するのに十分な量

 

*目標量  男子       女子

1~2歳 (3.0g/日未満) (3.5g/日未満)[小さじ半分より少し多い程度でしょうか]

3~5歳 (4.0g/日未満) (4.5g/日未満)[小さじ約一杯にならない量ですね]

 目標量:生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量 

 

塩分量をご覧頂けたでしょうか?

かなり量が少なくていい事が分かりますね。

塩分はお塩を使うだけでなく、食物に含まれている事もあります。

思っているより、食塩摂取は小さい時から多めになっている事もあるので表をご覧になりながら、いい塩梅をみつけてくださいね。

0 コメント

カレーに肉が入ってない!

集団保育に入る前に「嫌いなものが食べられないと入園できないよ!」は言わないでくださいね。

と、お伝えしましたが、ちょっと違う方向から私の体験談見てください。


私が小学校に入学して、給食に初めて「カレー」が出た時のショッキング(笑)な出来事です。

私の家では、母がナゼか?カレーにミンチ肉を入れていました。

もちろん、キーマカレーの様なオシャレな感じじゃなくて、普通の家庭のカレー。

私はミンチ肉入りカレーで育ったので、カレーに塊肉が入ってるって知らなかったんですね。

そんな私が給食でカレーが出てきた時の衝撃ったら・・・言葉では言い表せなかったな~。

カレーに肉が入ってない!

誰にも悟られないように、カレーのルーを一生懸命かき混ぜました。
ジャガイモでしょ

ニンジンでしょ

??コレ何??何かあるけど、食べられるのかな?

そーそーそれが肉ですよ~~~。ってタイムスリップして昔の私に教えてあげたい!

帰ってからも母に聞けなくて、一人悶々と「小学校のカレーは肉が入って無い」と繰り返し思ってました。

今、思い出すと本当に笑えますが、その当時は思い悩みましたよ!

 

こんな体験をした事のある私なので

食べ物の体験って大切だな~と思って、色んな物を食卓に出すようにしています。

経験しておけば、昔の私の様に衝撃を受け!悶々と悩まずとも

「こう言う食べ物なんだ。」

「こういう食べ方なんだ。」と思ってもらえますよね。

 

皆さんのお宅ではどうですか?

カレーのお肉はどんなお肉を使ってますか?

 

笑顔で食事を頂くと心も体も元気になりますね。

子ども達の可愛い食べる姿を思っています。

0 コメント

子どもの視野の狭さ

先日、公園で2歳前後のお子さんと大人がボール遊びをしていました。
何気に見ていると大人が一言。

「ちゃんとボールとらんと!ホラッ~!!!!」

と、空高くボールを投げていました。

お子さんは首を振って、キョロキョロ。

大人の方が「あ~何で見らんの!ほら、投げるよ。さ~取って!」と言い

又、空高くボールを投げるのです。

お子さんは飽きてしまったのかな?キョロキョロをやめて他の場所へ。

お子さんが居なくなったので大人の方が一言。

「あ~なんで取らないかな~?この子はダメやなぁ~。」

 

このやりとり、どの様にお感じになりましたか?

 

スウェーデンの児童心理学者スティナ・サンデルス氏の研究では

6才児ほどの幼児の平均的な水平視野は90度程度で、垂直(上下)の平均は70度程度と報告されています。

以下の左右視界を示した図をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:http://www.kosodatenotomo.com/security_shikai.php

ご覧いただけたでしょうか?

大人の視野と子どもの視野は大きく違います。

この資料は6歳児の視野範囲ですので、先ほどの2歳前後のお子さんだともう少し視野が狭かったかもしれませんね。

この事を知っていれば、公園でのボール遊びはもっと楽しかったんじゃないかな?

そして「この子ダメやなぁ~。」の一言は出なかったんじゃないかな・・・残念な気持ちでした。

 

子育てにデーターや科学は何だか無縁に感じますが

実はこの様なデーターが子育ての根幹にある事も気づいて頂けたら、嬉しいなと思って日々活動しています。

子育てに経験論も必要です。

子育てにデーターも必要です。

そして、子育てが笑顔と楽しさで溢れてくれたら、きっとみんなHappy!
Happyを応援する「みんなのおへや106」でありたいです。

 

0 コメント

経験論は選択肢の一つ

 

「ちょっと前に育児を経験した人に聞くといいですよ。」

この一言は最近よく聞かれるのですが(私もブログの一文で記させて頂きました。)

時としてこの言葉を信じすぎ

「あの先輩ママさんが〇〇って言ってたから、こうしなきゃダメだわ。」

「この道具を使うと早く出来るようになるって聞いたから、嫌がってるけど使わなきゃ!」とかとか・・

他者の子育て経験論を妄信してしまい、育児が何だか辛いものになっている方いらっしゃいませんか?

子育ての中の不安で心細い事ほど妄信してしまいがちですよね。

 

私がバイブルにしている、中室牧子さんの(「学力」の経済学)と言う本の中に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「子育てに成功したお母さんの話を聞きたい」と言う欲求自体に問題がある訳ではありません。

しかし、どこかの誰かが子育てに成功したからといって、同じ事をしたら自分の子どもも同じように

成功するという保障はどこにもありません。

子どもの成功にはあまりにも多くの要因が影響しているからです。(要約)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この様な文がありました。

 

「子育てに成功した保護者の話を聞きたい」と言う欲求は問題が無いのです。

ただ、経験論は経験論であって、何も裏づけがないと言う事。

そして、万人に同じ事が当てはまると言う事はないと言う事です。

子育て経験者のお話はためになる事がいっぱい詰まっています。

しかし、それを妄信して、目の前のお子さんの姿を見失ってしまっては本末転倒なのです。

周りの方の意見を「一つの経験論」として捕らえ、自分達の子育てに生かす。

素晴らしいことです。

どうか、色々な情報を取捨選択し

少しでも一つでも、楽しくって嬉しい、集団保育への準備期間になってくれる事、心から応援しています。

0 コメント