エドテック~教育革命最前線~

2017年1月26日(木)の「クローズアップ現代+」で放送された

 

 ハーバードはもう古い!?~エドテック‘教育革命‘最前線~

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3924/1.html

 

まず「エドテック」とは?

「EDUCATION」=教育
「TECHNOIOGY」=技術
この2つの言葉融合させた言葉が「エドテック」です。

 

クローズアップ現代では、大学・高校・小学校の様子が紹介されています。

 

この中で出てくる「ミネルバ大学」は私も一番注目している大学です。

ミネルバ大学は、簡単に言うと大学の校舎がありません。

授業は全てオンライン授業!
生徒は全員、寮生活を送り、半年ごとに7箇所の都市に滞在する。
日本では考えられないですね。

 

高校の授業は「反転授業」が紹介されています。
日本だと佐賀県の武雄市が取り組んでいる「スマイル学習」です。

:反転授業とは

授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間外にデジタル教材等により知識習得を済ませ

教室では知識確認や問題解決学習を行う授業形態のことを指す。

 

小学校の授業は、その子どものレベルに合わせた最適な問題をパソコンが出す授業を紹介しています。

この体制だと「個に応じた授業」が成り立つので、子ども達は授業が楽しくなるでしょうね。

 

今、世界中の教育は大きく変わろうとしています。
その中で「エドテック」は大きな柱となる事は間違いないでしょう。
しかし、忘れないで頂きたい事は「テクノロジーは目的ではなく手段」と言う事です。

テクノロジーを使って、今より学べる 楽しさを味わえる子ども達が増える事が

本当のエドテックと信じています。