「住」って何をするの?

「衣食住」から集団保育への準備についてお知らせしていまうが

今回は最終回「住」のポイントです。

 

「住」って何をするの?と思われる方が多いと思いますが

今からご家庭の中で準備しやすく、目に見えてお子さんの「できる」が増える項目なんですよ。

ぜひ、一読してみてください。

 

集団保育にはその場所のルールがあります。

例えば、登園して一番にする事が決まっていますよね。

・靴を脱いだら下駄箱にいれる

・帽子やカバンは決められた場所に置く

・タオルはタオルかけにかける  等々

 

このルールをご家庭でも実践してみましょう!

 

「靴を揃える・片付ける」

これは、案外できないお子さんが多いです。

靴をぬぎっぱ無しでお部屋に入ったり、何処で脱いだのか分からなくなって

「靴が無くなった~~~。」と泣き顔を見る事も多々有りました。

帰ってきたら靴を揃える、又は決まった場所に靴をしまう、並べる。

コツコツ毎日行っていると「習慣」となって、園で靴を揃える・片付けるが容易にできますよ。
又、この「靴を揃える」が習慣として、どこに行っても出来るとやはり気持ちのいいものです。

周りの方から一目置かれる存在になります。
「ちゃんと、靴を揃えられるなんてスゴイね。」と大人に言われると

お子さんは「できた!ほめられた!うれしい!」で自信がつきます。

せひ、お出かけした後は「靴を揃える・しまう」やってみてください。

 

次は「自分の荷物は自分の所定の場所に片付ける」

朝一番緊張している場面での「できた!」は子ども達が一日を快適に過ごせるスイッチになります。

ぜひ、今から、お子さんの荷物はいつもの場所を決めて、片付けてもらってください。

通園が始まってもお家で毎日やっている「荷物の方付けをする」だけですから

朝からスイッチオン!自信満々で先生に「できた~!」と自分の片付けを見せてあげるでしょう。

 

 

「タオルをタオルかけにかける」

これも、大人が思っているよりも難しく感じるお子さんが多かったですね。

左の写真の様なタオルフックを利用されている園が多いです。

このフックはぶつかっても怪我をしにくいようにタオルをかける部分が

上にクルンとなっています。

このクルンの部にタオルをかける事がお子さんには難しいです。

ご家庭でタオルをかける練習をする時はこの形状のフック(S字フックもいいですね)を

ご用意いただけるとより実践的!になりま~す。

「住」に関していかがでしたか?
それぞれ迷い、悩みがありますよ。

初めてなんですもの。

悩んでいる時は、ちょっと前に経験した事のある保護者の方に聞いてみてください。

身近な方に聞くと「なんだ、みんな一緒なんだな~。」と安心できますよね。

でも、身近な人がいない。話しづらい。等、聞いてみたいけど最初の一歩が出せない・・・

そんな時は

みんなのおへや106のドアはいつでも開いてますよ。

お気軽にご相談下さい。