経験論は選択肢の一つ

 

「ちょっと前に育児を経験した人に聞くといいですよ。」

この一言は最近よく聞かれるのですが(私もブログの一文で記させて頂きました。)

時としてこの言葉を信じすぎ

「あの先輩ママさんが〇〇って言ってたから、こうしなきゃダメだわ。」

「この道具を使うと早く出来るようになるって聞いたから、嫌がってるけど使わなきゃ!」とかとか・・

他者の子育て経験論を妄信してしまい、育児が何だか辛いものになっている方いらっしゃいませんか?

子育ての中の不安で心細い事ほど妄信してしまいがちですよね。

 

私がバイブルにしている、中室牧子さんの(「学力」の経済学)と言う本の中に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「子育てに成功したお母さんの話を聞きたい」と言う欲求自体に問題がある訳ではありません。

しかし、どこかの誰かが子育てに成功したからといって、同じ事をしたら自分の子どもも同じように

成功するという保障はどこにもありません。

子どもの成功にはあまりにも多くの要因が影響しているからです。(要約)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この様な文がありました。

 

「子育てに成功した保護者の話を聞きたい」と言う欲求は問題が無いのです。

ただ、経験論は経験論であって、何も裏づけがないと言う事。

そして、万人に同じ事が当てはまると言う事はないと言う事です。

子育て経験者のお話はためになる事がいっぱい詰まっています。

しかし、それを妄信して、目の前のお子さんの姿を見失ってしまっては本末転倒なのです。

周りの方の意見を「一つの経験論」として捕らえ、自分達の子育てに生かす。

素晴らしいことです。

どうか、色々な情報を取捨選択し

少しでも一つでも、楽しくって嬉しい、集団保育への準備期間になってくれる事、心から応援しています。