幼保小連携研究発表会

今回、弊社は「大分市 幼保小連携に関する研究推進指定幼稚園の研究発表会」に参加させて頂きました。

久しぶりの集団保育です。

集団保育の様子を拝見するだけでしたが、ドキドキでした~。

しかし、子ども達の可愛い姿は見ていて幸せな気分になりますね。ドキドキも含めありがたい時間でした。

研究授業では「5年生を忍者ランドに招待しよう」と言う目的を定め

子ども達の行動を先生方が「言葉」や「行動」でサポートしてくださっています。

子ども達の楽しそうな笑顔が印象的な学び多き時間となりました。

 

そんな学びの中で弊社としては「幼稚園ってこんな事してましたよ。」をお伝えしますね。

まず、大切だな~と思った事は「人が話している時は話している人を見る」でした。

小学校に入ってからは、担任の先生がお話されている事を聞き逃さないようにする事がとても重要になってきます。

お伺いした幼稚園でも、子ども達が姿勢を正して、先生が仰ってる事やお友達の発表をよく聞いていました。

よく聞いていたからこそ「なんでそうなるん?」「え~どうして?」と質問も飛びかっていましたよ。

小学校での指導を見越した、幼稚園の毎日の取り組みがしっかり出ていました。

 

次は「廊下を歩こう」の工夫が満載でした。

小学校では、廊下を走って、ぶつかり、怪我をする事が多く有ります。

そんな時に、幼稚園の頃から「廊下は歩くもの」となる様に

廊下には興味のある展示物を貼ったり、ニュースやお知らせも貼っています。

読みたくて自然と歩いたり、立ち止まったりする工夫が光っていました。

 

まだまだ連携している指導は沢山あったのですが

上記の2点だけでも、幼稚園の中で小学校に入学してからを見越した指導となっていました。

 

幼稚園は、小学校に入学してからの毎日を考え指導しています。

その幼稚園に入園を控えていらっしゃる皆様のお子さんはどうでしょうか?

まずは、入園前の不安を少しでも和らげて、お子さんが「幼稚園って楽しい~!」と喜んで毎日通園出来るよう

「幼稚園ってこんな事をするんだな。」と思いながら、入園までの毎日を過ごされてみてはいかがでしょうか?

もう少し詳しい事が知りたい時は、弊社までご連絡をください。

お子さんの毎日の為に一つ、一つ対応させていただきます。

 

今回お世話になりました幼稚園の先生方の「幼保小の連携」の中で

子ども達の成長を大切に見守ってくださってる姿が大変勉強になりました。

 先生方ののご指導に心から敬意を表します。

お世話になりました。

ありがとうございました。