50音を読む・自分の名前を書ける

50音を読む。これは「読み先行」と言われていて、まず読めないと書けないと言われています。

「あいうえお」が読めるようになると次は単語を読みたがるのが子ども達です。

ぜひ、きっかけとなる「あいうえお」を読ませてあげてください。

 

「百マス計算」で有名な蔭山英男先生の講演でこんな話を聞いた事があります。

先生のクラスで、学年最後の発表として、源氏物語を暗唱するという取り組みを行った時に                               
毎日音読を行うので1か月もするとほとんどの子ども達が1ページほどの暗唱が出来るようになり                              
今度はどれだけ早く読めるか?など発展学習を自分たちから行っていたそうです。

この段階で素晴らしいですよね。                               
しかし、1人の男の子がどうしても暗唱が苦手で、みんなと同じペースでは暗唱が出来なかったそうです。          
何度も、何度も同じ所でつまづき、何度も間違えては、やり直しをしていて                               
クラスの子ども達も応援してくれていますが、どうしても暗唱が上手くいかなかったそうです。                               
先生も出来るかな?と悩まれたそうです。                   
そして、迎えた学年の最後に暗唱発表会。                               
子ども達、みんながそれぞれの暗唱を行ったそうですが、心配の種はあの男の子ですよね。                               
しかし、その男の子の発表は誰よりも流暢で、間違いのない暗唱を最後のページまで行う事ができ                    
みんなから拍手喝さいを受けたそうです。                               
では、なぜ、男の子は暗唱が出来たのでしょうか?   

                           
先生曰く「彼は、暗唱が出来ないことにより、他の子が10回読んで出来る所を30回読んで                               
それでも暗唱が出来ないので50回読んで覚えたんです。ですからみんなの5倍努力をしているんですね。    
読めないと言うつまづきを逆手に取った勉強なんです。                               
つまづくから何回も何回も読む。するといつの間にかみんなの何倍も読んでいて、最後まで暗唱ができる。    
つまづくと悪い事のように言われますが、つまづいてそこから努力が出来る事が大切です。                               
人は、出来るようになるとそれ以上の努力をしようとしませんが、できない事には一生懸命努力をする。       
その結果、男の子は何倍もの努力を重ね、誰よりも上手に暗唱が出来たんです。                               
もし、彼がみんなと同じ10回の読みを繰り返していても、暗唱は難しかったでしょう。                               
出来なくても、何度も、何度も繰り替えす事。これが小学生の学習にはとても大切なんです。
最初から50音が読める子なんていません。                               
最初から、本を読める子なんていません。                               
それでも、読める字を拾い読みすると子ども達は嬉しそうな笑顔になります。                               
本を1ページ読めるだけで自信になります。                               
まずは、読み先行と思い、たくさんの日本語に触れさせてあげて下さい。 

 

 

「あいうえお」を拾い読みしているお子さんを図書館でお見受けすると

こちらまで嬉しい気持ちになります。

世界中、みんなが勉強できる環境にある訳ではありません。

平和だから図書館で過ごせる日本。

そんな日本で一字、一字読んでいるお子さんは宝物です。

どうか大切なお子さんの姿見守って差し上げてください。

 

「自分の名前を書ける」は体験談も含め次回書きますね。