なぜこの3つを準備するのでしょう?

3つの準備

・自分の事は自分でできる

・人の話を聞く

・学習の準備をしておく

 

入学までに身につけて頂きたい事です。

しかし、なぜ、今、この3つをオススメしているのか?

ここからは、少し話がめんどくさいです。

しかし、このお話を避けて通る訳にはいきません。

日本のすべての小学生がこのお話に基づいたカリキュラムを受けます。

少し分かりづらいですし、面倒ですがお読み下さい。                            
                               
皆さんのお子さんが通うとしている「小学校」は全てのカリキュラムが

「文部科学省」の指示の元、作られています。                            
突然、文部科学省の話をされても、何だか遠い存在ですよね。                               
大分市の教育委員会でもちょっと遠いというか敷居が高く感じる事があるのに                               
文部科学省と言われてもね~・・・・                               
しかし、小学校のカリキュラムを作っている文部科学省が

どのような目的で                               
どの様なカリキュラムを

我が子に行おうとしているのか?                               
それが分かると小学校でナゼこのカリキュラムが行われるのか?

何となく分かってきます。

 

来年の4月に入学なさるお子さんは今からお伝えする年度に                               
文部科学省が決定したカリキュラムを学校で受け、過ごすことになります。 

                            
2019年度 小学校入学                               
グループ活動や話し合いによる授業が増加                               
グループ活動や話し合いを通して解決法を考える授業など、より主体的な参加を求める                               
授業が増えます。                               
「主体的・対話的で深い学び」(≒アクティブ・ラーニング)                               
先生が前に立ち教えるだけの授業から

自分たちで問題を探し出し、その問題を解決する為に、何をどうすればいいのか?

グループで話し合ったり、自分で調べてみる。と言う形態の授業が増えてきます。                               
今から準備する「人の話を聞く」は入学して早々から授業の中で取り入れられている

大切なスキルとなっています。                               
                               
2020年度 小学校2年生

プログラミング教育必修化                               
プログラミングは必修化となりますが、ココは英語と違って、教科書もありませんし                               
成績評価もありません。                               
算数の授業でプログラミングの考え方の一つ「パターン(同じことのセット)」や                               
「ループ(繰り返し)」などを使って単元の理解を深めるという                               
プログラミング的思考を行うと文部科学省では考えているようです。                               
                               
2021年度 小学3年生                               
「外国語活動」がスタート、英語の授業ではない、基礎が始まります。                               
英語を使ったコミュニケーションを重視した「外国語活動」が始まります。                               
週1時間。「聞く・話す」が中心。成績評価はありません。

 

2023年度 小学5年生

5年生から正式な「教科」として英語がスタート。成績がつくようになります。

 

そして、少し先の話になりましすが、中学校からは「英語の授業を英語で行う」

日本語の無い授業が始まります。

 

今まで「文部科学省って言われても・・・」と思われていた気持ちが

少し「何があるの?」ぐらいに思われた方がいらっしゃると思います。

2年生からはプログラミング教育必修化。

3年生からは英語の基礎期。

5年生からは英語が教科となって、国語や算数と同列の扱いになります。

学校によっては、1・2年生でもELTの先生をお招きして

簡単な英語を使って、遊ぶ授業を行う学校もあります。

 

では、もう少し掘り下げましょう。

なぜ、今までの授業ではダメなんでしょうか?

今のままでは、何がいけないのでしょうか?

次回、書かせて頂きます。