未来の職業

49%この数字は何を示しているのでしょう?                          
この数字はあと10~20年で職業が機械に置き換えられる可能性があると言われている                              
パーセンテージです。                               
最近ではハウステンボスの「へんなホテル」に代表されるようにロボットがお客様対応している

職種も出てきていますよね。                               
私は、ホテルのフロントといえば、コンシェルジュの役割も担っているので人間にしか出来ないと思っていたら        情報蓄積を得意とするAIにうってつけの仕事だそうです。                               
                               
65%この数字は何でしょう?                               
2011年にアメリカの小学校に入学した子ども達、今、中学1年生ですね。                               
その中学1年生の65%は                               
今、存在していない職業に就くだろうと予測されている、パーセンテージです。                               
しかし、存在していない職業と言われても、ピンとこないですよね。                               
何か想像できますか?                               
最近、有名なのは「YouTuber」ではないでしょうか?                               
幼稚園生に将来の夢を聞くと「夢はYouTUberです。」なんて言いますよね。                               
他には、ゲーム実況者・ドローン操縦士・VR作家・AR作家などが挙げられています。                               
ちなみに、VRとは                               
バーチャルリアリティ(仮想現実)=現実世界とは切り離された仮想世界に入り込む事。                              
ARとは                               
現実にデジタル情報を付与して、CG等で作った仮想現実を現実世界に反映する (拡張現実)

ポケモンGOの世界がその形状だそうです。                               
私たちが経験したことの無い職業が、どんどん生まれている事が実感できたでしょうか?

                  
この数字は、これから未来の中で                               
私たち大人が全く経験したことのない世の中になると言う事を示した数字の一例です。                               
                     
49%約半分の職業が機械に置き換えられると言われている中ですから                               
お医者さんもロボットになってしまうかもしれません。                               
少し前の話ですが、アメリカで「ガン」らしき病状がある女性が病院で受診しました。                               
しかし、状況から言って「ガン」である事は分かるのですが                               
病巣が見つからず、色々な検査を行ってもお医者さんはガンの病名を見つけ出すことが出来ず                               
治療方法に悩んでいたらしいのです。

そこで、その頃AIの技術が進んでいなかったので                               
Super Computerに検査結果や情報を入れて、検索した結果                               
女性の症例と同じ病気が結果として出てきて、的確な治療を行うことができた。と言う実例もあります。                


今までの日本は、知能を蓄積し、先進国として世界と戦ってきました。                               
しかし、知識を蓄積し、知能指数が高いだけでは、通じなくなる世界がやってきます。                               
今までの日本の教育では

子ども達が自分の仕事を持ち 、自分たちで食べていく事が本当に難しくなる日がやってくるだろうと

言われているのです。                               
この危機感から、文部科学省は47年ぶりに大きな改革を行う必要がでてきた訳です。                               

では、この大きな改革とは何を基準にしているのでしょうか?

続きは次回・・・