3つの自立

47年ぶりに文部科学省が行う教育改革は「3つの自立」が基本コンセプトです。

ただ、本当に分かりづらいんです。

分かりづらいのですが、ぜひこの部分を読んで頂きたい!

トリセツでも一番肝心な補償内容とか期間とかは小さな字で書いてある事が

多いじゃないですか!

ココもそうです。

大切なことが分かりづら~く書いてあるので、まとめてみました。

 

文部科学省として2020年教育改革の骨子は「3つの自立」です。                             
「学びの自立」

「生活の自立」

「精神的な自立」

この3本の柱を幼児に基礎として作り                               
小学校からは「学びの基礎力」をつけてもらおうとしているのが2020年の教育改革です。  

                             
学びの基礎力とは                               
「基礎的な知識・技能」                               
「課題解決のために必要な思考力、判断力、表現力等」                               
「主体的に学習に取り組む態度」

と述べられています。                               
これらは「学力の3要素」と呼ばれるものです。      

                         
じゃ~現実、子ども達にどんなアプローチするの?となった時                               
重要視されている事は「思考力・判断力・表現力」この力を育てましょう。                               
となっています。                               
この「思考力・判断力・表現力」を育てる為に、文部居科学省が作成した物が                               
「新学習指導要領」
受動的な授業から能動的な授業(アクティブラーニング)として                               
先生が前で授業を進め、ノートをとる授業から                               
自分たちで問題を探し、話し合い、解決する授業になったり                               
英語が授業として成績評価の対象になったり                               
英語の授業が英語で行われる事(中学校にて)や                               
プログラミング的思考が授業内容に加わったりすることです。                               
                               
皆さんのお子さんが受ける小学校のカリキュラムは                               
私たち保護者が受けてきた、今までのカリキュラムとはかなり変わっています。

「未来の職業」でお話を差し上げたように、機械に替わられる職業がどんどん増えている中

日本の教育は大きな岐路に立っています。

私たちの可愛い子ども達が

将来自分で食べていけるように

私たち保護者が居なくなっても、自分たちで幸せになれるよう

文部科学省の「3つの自立」を感じながら、学校教育に興味を持って頂けると幸いです。