自転車に乗りたい!

それは、子ども達の憧れの乗り物。

スイス~イと自転車に乗っている近所の小学生を羨望の眼差しで見るチビッ子。

そして、チビッ子達も「自転車乗りたい!」といつか宣言する日がやってきます。

我が家の子ども達も「自転車の練習したい!」と言い出したのが幼稚園の時でした。

小学校のグランドまで自転車を押して行き

肘と膝にパッドをつけ

ヘルメットを被って

いざ!

「運動神経がいい方でない」とは分かっていましたが

こんなにも、こんなにも

下手っぴとは夢にも思いませんでした。

乗り物はスピードが出れば、後は安定してきます。

出だしのスピードが大切なんです。

ですから、大人が後ろから押して、スピードが出てきたら手を放す。

この繰り返しをしていくうちにコツを掴んでくれるだろうと思ったんです。

しかし、全くダメでした。

 

そこでちょっと様子を見てみると・・・

 

自転車に乗って、下ばかりを見ているんですね。

怖いんです。

怖くて不安なのでついつい俯いてしまうんですね。

実はココが大きなポイントだったんです。

自転車に乗れるようになると忘れてしまうのですが

自転車に乗っている時は、目線を真っすぐ前を向け、少し遠くを見て乗っています。

俯いて、下を見ながら自転車に乗っている人を私は見かけた事がありません。

ですから、まずは「目線をまっすぐにして、少し遠くを見る」

このポイントを我が子に教え、乗ってもらいました。

 

さっきと一緒で後ろから押して、少しスピードをつけてあげると

違ってきたんです!!!!

格段に自転車が安定して、前に進んでいるんです。

その時は小学校にある「バスケットのゴールポストを見て漕いでごらん。」と

伝えました。

後は、練習あるのみ!

何度もコケて、涙をぬぐっていましたが

今では、中学校まで風に負けないようにグイグイ自転車を漕いでいます。

 

・少し遠くの目標物を決めて、その方向にまっすぐ目線を向ける。

このポイントを押さえながら、憧れの自転車に乗れるよう練習に付き合ってあげてくださいね~。

 

~自転車小ネタ~

STRTDER

このペダルの無い自転車に乗って練習したら「自転車に軽々乗れたよ。」と言う

保護者さんのお話を聞いた事があります。

うちの子どもの時もあったのですが、自転車を買い替えるのが何だかもったいなくって・・・

ケチってしまいました。

ケリダー

これならペダルを替えるだけでいいんだそうです。

我が子がチビッ子の時に欲しかった~~~~~(泣)