受検が終わりました

今日は私くし事です。

子どもの受検を通しての気持ちについて書いてみました。

 

我が家には2人子どもがいます。

可愛い子ども達もそれぞれに大きくなってくれて

上の子は中学3年生

下の子は小学6年生

上の子は中高一貫校に通っているので、受験無く高校進学の1年。

受験はありませんが、かなり日常の授業内容が濃くなっている様子・・・
勉強するだけでヘトヘトです。

私が出来る事と言えば・・・本当に少なく・・・勉強するその背中にエールを送るだけでした。

 

その上、下の子も

「中高一貫校に行きたい!受検したい!」

一昨年の2月から受検コースのある塾に通い始めました。

小学校最後の大切な大切な1年と受検勉強。

小学校では最高学年としての態度や責任を求められ

先生方も

「6年生の姿勢が下の学年の子ども達の見本になるんだよ。それでいいの?」

と、いつも自問できるような声掛けをして下っていました。

色んなプレッシャーと受検勉強。

自分で選んだ道とは言え、大変だったと思います。

 

ココでも、私が出来る事と言えば

栄養のある食事の準備と清潔な生活環境を整えるぐらいでした。

勉強も教える事はできますが、今回受検する学校は「思考力」を問う試験なので

「分からない事は塾の先生に質問しなさい。」としていました。

餅は餅屋です。

専門外の私の教え方は、子どもの考えを惑わすだけですから受検勉強にはノータッチ。

内心イライラした日が何度もありましたが、ここは我慢の日々でした。

 

そんな一年を過ごし、年明けに受検。

受検当日まで、体調を崩さないようにと願うばかりの毎日でした。

胃痛はあまり感じない方ですが、今回は胃が痛かった。

上の子の時は無かったこの痛み・・

上の子の時は「受かっても、落ちてもいい人生経験だ!」と吹っ切れていたのですが

下の子は、親としての欲がでるんですね~。

憧れて、憧れて、あの学校に行きたい!!と思って勉強に励む我が子の姿を見てきて

出来るなら受からせてあげたい!と欲張りになっていたんです。

初めてのこの感じ。

自分の小ささに凹んだものです・・・

その上、合格発表まで一週間あります。一日・一日が長く重く・・これもきつかったですね。

 

「発表は自分で見たいから、先に見に行かないで!」と言われ

上の子にも「見に行かないでね。」と念押し。

私も発表までの時間を家で過ごしました。

帰宅後、中学校まで行き、正門をくぐり、発表場所まで近づき

「自分で見ておいで。自分の結果が良くても悪くても受け入れるんだよ。」と背中を押すと

「エッ!?一人で行くの?一緒に行かないの?」

え~~~~~~この期に及んでソレ~~~~!

ちょっとプチっと切れたので

「当たり前じゃん。自分の事なんやから、行ってきな!」

しぶしぶ、掲示板を見に行く後ろ姿は猫背。

内心「そんな事なら、一足早く見に来ればよかった!チッ。」と思いましたよ~。

結果は

嬉しい笑顔。上の子と同じ学校に通えるようになりました。

 

今回、我が子が二人とも受検を経験して、2回受検生のいる生活を経験しましたが

本人が一番大変なのは言うまでもありません。

しかし、我が子の頑張る姿を見るたび、私にできる事はないだろうか?と

思いめぐらす日々だったと振り返ります。

お子さんに対してのアプローチは皆さんそれぞれだと思うんです。

東京大学にお子さん4人現役合格させた佐藤ママ(佐藤亮子さん)は

お子さんの勉強時間を確保する為に、お嬢さんと一緒にお風呂に入って、洗髪をしてあげ

上がってからは髪を乾かしてあげていたそうです。

最初「エッ・・そこまでするの・・」と思いましたが

お嬢さんは髪を洗うのに40分・乾かすのに40分の時間がかかったのだそうです。

その時間が勿体ないからとママが髪を整えている間に

英単語を覚えたり古文単語をチエックしたりしていたそうです。

佐藤ママのサポートはパッと見ると「そこまでしなくても・・・」と揶揄される事がありますが

お子さんの特性を見抜き、合格する為に必要なサポートに特化してるな~。と感激すら覚えます。

実際、このサポートがあって4人のお子さんを東大に現役合格させているのですから

素晴らしいお母さんだと思います。

そんな佐藤ママさんを横目に、私が心掛けた事と言えば

「食事をおろそかにしない」「清潔」かな・・・

インスタントラーメンも食べました。

いや、逆に「食べたい!」と懇願されたり、刺激のある食べ物食べたり

オーガニックとは縁遠い食事でしたが

モチベーションを上げる為にバランス取りながらメニューを考えました。

布団は、お天気が良ければ毎日干しました。

「干してもダニは取れないよ」など助言を頂きましたが

ダニ対策と言うより、お日様の匂いがするお布団に寝かせてあげたかった。が本音です。

 振り返るとこのくらいしかしていなかった・・・我が子よごめん。

 

 

受験は団体戦と言われています。

試験は一人で受けます。

結果も一人で受け止めます。

しかし、日々は

同じ受験勉強に励む仲間・フォローしてくれる家族・理解のある先生・学校の友達と一緒に臨む団体戦

私はそのように痛感しました。

何か特別な事はできない小さな私ですが、我が子と一緒に戦ってくれる仲間が居たから

最後まで子ども達にエールを送り続ける事が出来ました。

沢山のお支えに心から感謝しています。

ありがとうございました。